大切な家を守る行動|最悪な状況になる前に蜂は駆除したほうがいい|プロに任せると安心
男の人

最悪な状況になる前に蜂は駆除したほうがいい|プロに任せると安心

このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な家を守る行動

シロアリ

実は命に関わる事

みなさん一度は聞いたことのあるシロアリ対策というワードですが、自分にはあまり関係ないと思い注意していない方は多いのではないでしょうか。シロアリはアリではなく実はゴキブリの仲間で、日本には約22種類存在します。その中で建物被害を出すものは5種類です。柱や土台など木材を食べ、家中の至る場所へ入り込み壁や新聞、段ボールを食い荒らします。現在の家はシロアリ対策としてシロアリを寄せ付けない造りを各工務店で企業努力をしています。しかし、湿った場所から来るシロアリはコンクリートも食い荒らし侵入してくるため安心せず対策が必要となります。なぜそこまでの対策が必要かと言うと柱や土台が食い荒らされると耐震に影響が出るため家族の命を守る事に繋がるため考えなくてはならない必要事項となります。

チェックし現状を確認

では、シロアリはどのような場所が好むのか、どこに注意すれば良いのか大切な家を守るためチェックをしてみましょう。シロアリは基本的に陽が当たらず、湿気が多く風通しの悪い場所に存在します。シロアリは体が柔らかいため外気や光に当たりすぎると体が乾燥して死んでしまいます。そのため湿った暖かい場所を好み住み着いてしまいます。人間の住む家はシロアリにとっても環境が良い場所とも言えます。チェック項目として床下が低く風通しが悪く、換気口が少ない家は注意が必要で換気口は1辺当たり2個以上が理想です。家にカビが生えている、雨漏りによって木材自体に水分が含んでいる事や家の近くに川や池、井戸がある場所には地盤自体に水分が多いため床下の地表から上がってくる湿気も多くなります。目安として築5年が経過した時点でシロアリ対策を行うと被害が拡大せずに済みます。プロの業者に任せるのも一つの方法です。