安全に取り除く方法|最悪な状況になる前に蜂は駆除したほうがいい|プロに任せると安心
男の人

最悪な状況になる前に蜂は駆除したほうがいい|プロに任せると安心

このエントリーをはてなブックマークに追加

安全に取り除く方法

巣

自分で行う際の工夫点

ハチの巣の駆除は工夫次第で簡単にできます。まずハチの巣を見つけてもいきなり、刺激を与えないことが重要です。ハチもいきなり攻撃されると、反撃してきます。ハチにも攻撃性が低い種類もいるので、駆除の準備が整うまで、刺激しないようにするべきです。次にハチの巣の形状を見て、ハチの種類を見分けることが重要です。ハチによって危険性や習性が違うので、見分けることで作業がとても簡単になります。アシナガバチやスズメバチは冬を越すことができません。よって、冬前に巣を発見したら危険を冒して駆除しなくても、冬になればハチは居なくなります。駆除する時間帯ですが、暗くなってから行うとハチがおとなしくなっているので、やりやすいです。その際にライトを使用する場合は赤いテープを巻き、光を赤色にするようにしましょう。赤色の光にすることでハチが向かってくる確率が低くなります。

他の人に委託する方法

ハチの巣の駆除で知っておくべき知識もあります。まず自分自身で駆除できるハチの巣の大きさは15cmまでということです。これ以上大きくなると、一般の方では難しく、危険性が増します。15cm以上の巣を駆除する場合や、自分自身では行えない方もいるはずです。その場合は市役所や駆除の専門業者に頼む方法もあります。市役所では無料でハチの巣の駆除を行っている場合もあります。また防護服の貸し出しも行っている場合もありますので、相談してみてください。専門業者に頼む方法は確実に駆除をしてくれます。さらに自分に危険性が無く安全です。また、あと処理もしっかりしてくれるので、再び同箇所に巣が作られないようにしてくれます。